前へ
次へ

新人を育てることは企業にとってメリットになる

有能な人材は、企業にとってもできれば多く入社してもらいたいものです。
ですが、人員としては確保できても能力差というものがどうしてもでてきます。
他社に有能な人材がとられてしまっては、企業にとってみればかなりの痛手です。
ですが、入社してから成長する社員もいます。
そのためには、入社後の教育が重要です。
基本的な社会人としてのマナーや自社内でのルールなどはもちろんのことですが、業務に関してもさまざまなことを教える必要があります。
そして新人であるため最初はとまどうかもしれませんが、教育担当者が有能であれば比較的短期間でも企業側にとっても使える社員として新人が育つことにもなるでしょう。
この点からも、新人教育担当者選びなども重要になります。
教育担当者を選ぶ際には適当に選ぶのではなくきちんと面倒見のいい性格、人に教えることがうまい、得意という方を選ぶことが大切です。
新人をしっかりと育てて企業側に利益、業績アップにつながる有能な社員として活躍してもらいましょう。

Page Top